スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

子ども手当法案が審議入り

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村

電車に乗ると、ふうちゃん(4歳)が、「あれはなに?」といちいち聞くので

持ってたメモ帳に「急行」とか「準急」とか全種類漢字で書いて教えたらすぐ覚えて

今は自分で認識している

今日も電車に乗ったが、「特急って書いてあったねっ」なんて言うふうちゃんの言葉を

隣で聞いてたおじさんは驚いた顔をしていた

また「小沢」「鳩山」「平野」と言った苗字が読めるので(顔も覚えてるけど)

私がネットニュースを読んでたり、たまに見るテレビのニュースでこれらの文字を見ると

「おざわどうしたの?」などと聞くので、わかりやすいよう説明する

皇太子さま50歳 「さらなる自己研鑽を」

 皇太子さまは23日、50歳の誕生日を迎えられた。
 50歳を「天命を知る」とした論語の「忠恕」(ちゅうじょ)という言葉にも触れ、「忠恕のうちの恕、すなわち他人への思いやりの心を持つことが、これからの世の中でますます大切になってくると思えてなりません」と述べた。忠恕は陛下が50歳の会見で「好きな言葉」としていた。

皇太子殿下、お誕生日おめでとうございます

心からお祝いを申し上げます

皇太子殿下のご健康と天皇家のますますのご発展をお祈り致します

民主党が画策する天皇陛下の韓国訪問は絶対に反対です

>「忠恕のうちの恕、すなわち他人への思いやりの心を持つことが、これからの世の中でますます大切になってくると思えてなりません」と述べた。

述べられた。でしょう? 時事さん

ちゃんと敬語使ってね、とっても失礼だし見苦しいですよ

他人への思いやりの心があれば同じ物事でもずいぶん違ってきますよね

私も胸に刻みます


子ども手当法案が審議入り=3月中の成立目指す-衆院

 中学卒業までの子ども1人当たり月1万3000円を支給する2010年度の子ども手当法案の趣旨説明と質疑が23日、衆院本会議で行われ、審議入りした。民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた主要施策の関連法案が審議されるのは初めて。政府・与党は4月からの施行を予定し、3月中の成立を目指す。

最初に取り組むのが子ども手当て

ばら撒く気合が十分感じられる

扶養控除を廃止しても足りないのがわかって、さらに所得税増税してまでね?

うちはすごい貧乏だと思うんだけど、人様の力を借りてまでとは思わないんだよね

その人様の中には子供が欲しくてもできない方や、

大変だった子育てがやっと終わった方や、うちのようにすごいギリギリで暮らしている方も

含まれてるしね

数千万だろうが何億だろうが高額所得者も同様に貰えるのも変だと思うし、

ましてや在日特権がある在日にまで支払われるのはもっと変だと思う

景気対策のつもりらしいけど、

アンケートで「貯金に回す」って言う人が多いのはずいぶん前に出てたしね?

どうしてもやりたいなら現物支給か、

給食費や制服や体操着や子供が直接利用するものを無料にしたらどうなの

まさか考えなかったわけではあるまいし、

できない理由があるよね

とにかく現金で買いたいんだよね、票を。

赤字国債も過去最高、子供に負担がいくのがすごく嫌だし、心配です

・財源なきばらまき。
所得税増税してまで押し通す、集票目的のばらまき。

15歳未満の子どもがいない家庭は増税にしかならないのに
取り上げようとしないマスコミ。

・本来なら仕分け候補筆頭だろこの法案。
経済・雇用対策よりもこんな法案が先に審議入とは…さすが民主恐れ入るわ。
早めに現ナマばら撒かないと選挙危ういもんねw

・昨日、これから子どもを育てるだろう若年層の7割が、民主を信用していないというデータが出ていた。
これが民意。
献金の妄想ばかりしている鳩と小沢の民意とは訳が違う。

・手当てが子供に重く圧し掛かる。
結局、借金しか残せない。
(コメントより拝借)


子ども手当ては満額支給=鳩山首相

 鳩山由紀夫首相は23日夜、2011年度の子ども手当について「歳出の削減努力、予算の見直し、いろいろなことをやりながら、マニフェスト(政権公約)通りに実現をしたい」と述べ、満額を支給する考えを重ねて強調した。

いつものようになんの根拠もないからね

・子供手当は断固反対だ。主婦層からの票の買い取りにすぎない。
保育園、学童保育の整備、学校の耐震化工事、40人学級の実現など他に使い道は多い。

・そして所得税を増税という結論に走るわけね。
無い袖を振っても音はしないから。
聞こえるならそれは幻聴だ。
(コメントより拝借)


諫早湾開門、白紙で議論を=鳩山首相

 鳩山由紀夫首相は23日夜、赤松広隆農林水産相が国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)の開門調査の是非を検討する考えを示したことについて、首相官邸で記者団に「私も潮受け堤防を見に行き、地元の方と話をしたこともある。純粋にさまざまな方々の気持ちを考えながら、白紙で臨んでほしい」と述べた。

裏金関係以外は何でもかんでも白紙

しかもどの件も白紙にするだけでまともな議論しないでしょう?

ホント全然進まない

・他にも議論しなければいけないことが山ほどあるのに、首をつっこんでは先送りにする馬鹿。

・何も考えずに干拓事業の許可を出した管さんに聞いてください。

・何でもかんでも、ゼロベース。
そのくせ売国法案は議論なしで一気に押し通す。
(コメントより拝借)


あの手この手で民主批判=街頭演説、確定申告相談会で-自民

 自民党は審議拒否に入って2日目の23日、幹部が街頭で演説したり、確定申告相談会に出向いたりするなど、あの手この手で民主党批判を展開した。審議拒否に対する世論の理解を得るためでもあるが、その効果は未知数だ。
 谷垣禎一総裁は同日夕、東京・新宿駅前で演説し、「小沢一郎民主党幹事長は永田町の不動産王。(不動産購入の原資の)説明がころころ変わり、誰も信じられる人はいない」と小沢氏を批判。石破茂自民党政調会長も「歯を食いしばってでも民主党政権の非を国民に訴えていく」と声を張り上げた。
 これに先立ち、国会内では、小泉進次郎衆院議員ら中堅・若手11人が衆院本会議場に入る横路孝弘衆院議長に「公正な国会運営を」「証人喚問の実現は国民の声」などとプラカードを掲げ、直訴。議長を呼び止めようとしたが、国会衛視に守られた議長はそのまま議場に。小泉氏は記者団に「国会軽視どころか国会無視。そういう姿勢の表れだ」と怒りをぶちまけた。
 一方、与謝野馨元財務相らは都内で開かれた確定申告の相談会を視察した。実母からの巨額の資金提供を「知らなかった」とする鳩山由紀夫首相に対し、「贈与税逃れ」の疑いを指摘し、「平成の脱税王」と批判した与謝野氏だが、この日は納税者の相談を受け付ける担当者から首相に対する不満の声を聴取。この後、記者団に「偉い人が脱税する場合は、厳しい税務調査や査察を受けなくていいのかと怒りを感じた」と語っていた。 

この悪意のあるタイトル、あきれるね

全部本当のことじゃない

脱税・裏金・犯罪者を擁護する民主党

とやかく言われる原因は自分たちにあるんでしょうが。

平成の脱税王なんかより、新人の小泉進次郎氏の方がいたってまともで、

よっぽど頼りがいがありそうに見える

・自民政権の末期に全くどうでもいい些細な事でも揚げ足を取り、
徹底的に批判を繰り返した民主党に比べれば
自民党の批判は至ってマトモだと思いますよ。
だって、言を弄して罪を逃れた犯罪者を「犯罪者」だと言ってるだけですもんね。

・相変わらず時事通信は民主党擁護、自民党批判に必死のようですね。「効果は未知数」なんてまとめてます。
あたかも自民党が民主党を批判していることを非難しているかのような記事です。「あの手この手」と言いますけど、それだ非難されるべき要素が民主党にはあるということだと思いますけど。民主党が野党時代に自民党を批判してきたのとは訳が違います。民主党の主張するとおりに政策を立てようとしたら、国の財政も制度もめちゃめちゃになってしまったではありませんか。

名前:ジュリー
タイトル:

********************
だいあさんこんばんは。先日選択的夫婦別姓の危険性と署名のお願いを書いたばかりなのに、もう法案の概要が提出されてしまったようです。『夫婦別姓で千葉法相「亀井氏を説得していく」』と産経ニュースにも載っていました。下記が今の現状です。

【緊急拡散!】民主党議員・国民新党・自民党議員に反対のFAXを!!!
http://ameblo.jp/konichiwa/entry-10463087758.html(本当に、日本と日本人が大好き(はぁと)♪)

びっくりです。なんと、来週の月曜日(2/22)に、選択性夫婦別姓問題議論の予定が立てられたそうです。永田町では、誰も騒いでいない、永田町でも闇の中で進められているようです。この土日・可能な限り拡散していただき、民主党議員・国民新党・自民党議員に反対の声を届け、世論をもりあげましょう!!!

--------------------------------------------------------------------------
■大阪14区選出民主党衆議院議員 長尾たかし氏のブログより

「選択的夫婦別姓を含む法案の概要が提出されてしまった・・・しかし、まだやれることはあるっ!」
http://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/ac778a00f3e34c0fd5e593254d0e88a9

社会選択的夫婦別姓を認めることが我が国の将来に大変な危機をもたらすことはご承知のとおり。

家族の崩壊へとまっしぐら。お先真っ暗である。外国人地方参政権付与問題はとりあえずフリーズ状態を保っている。だが、何時溶け出すかわからないので油断は禁物。常にウォッチしている。さてここに来て、選択的夫婦別姓を含む民法改正法案の提出が危険水域に達していることを以下のとおり報告をし、国民世論の盛り上がりと言う後方支援を頂きたいのだ。

選択的夫婦別姓法を含む民法改正案が現実味を帯びてきたのを実感したのは1月20日だった。法務省政策会議の中で、提出予定法案の中に盛り込まれてあった。因みに、人権救済法は検討中。論点整理の段階と言うことで、外国人地方参政権付与問題と同様の扱いと推測する。会議では刑事訴訟法公訴時効に関する法案他、2法案を3月12日までには閣議決定をしたいと言う話が合った。この時、選択的夫婦別姓法案については触れられてはいなかったが、千葉法務大臣があれ程気合を入れていながらしてこの時触れられていないことに疑問を抱いた。

尚、私は厚生労働委員会の委員ではあるが、与党議員として法務省政策会議に出席する資格があり、質問、発言も許されている。2月3日いよいよ「氏」に関する経緯説明があったのだが、他予定の関係で私自身が出席できず、秘書を出席させた。10人にも満たない人数で粛々と説明があり誰も質問をすることもなく時間早めに終了してしまったという。要は危機感がないのだ。10日は嫡出子と非嫡出子に同等分の相続を認める改正案についての説明があり、出席できた。周りを見渡せば確かに出席者は10名足らず。自分はこの法律案に反対の立場を取る旨を発言し、これを改正する背景について質し、また同等分を認めることについて考えられる問題点について指摘した。ところが、素人丸出しの質問に対し官僚の答弁は冷ややかなものだった。「そもそも家制度とは廃止されており、法的には差異を設けることが妥当ではない」というのだ。ならば、?婚姻とは??と質すと、「法律婚の事です。」

私たちが常識とする家族のあり方、結婚のあり方と法律の間にある大きな溝を感じた。私の家内の旧姓は武田。長尾家と武田家の結婚である。世が世なら驚くべき結婚であるが、どんな結婚式でも「ご両家の皆様、おめでとうございます。」というのが結婚であると思う。だが、婚姻届を見ると確かに氏は記しても家同士の結婚と言う概念がない。法曹界に身をおく同僚議員は冷めた声で「長尾さん、法律ではそうなんですよ」と一分の疑問も無い様子。非嫡出子として生まれた子供に罪は無い。しかし、所謂、夫の不貞により、本妻と嫡出子にも罪は無い。巻添えを喰らう理由も無い。この場合知らないほうが良いという事もある。「財産分与は家ではなく、個人の財産分与」という解釈なのだ。

法律が私達の実生活とかけ離れている場合、法律の側が実生活に合わせていくものだと思うが、推進派の方々は別個のもので良いと思っているようである。これは民法である。そして家族の問題である。もうこれは意図的に家族崩壊を画策しているとしか考えようが無いのだ。

調査局、法務省、他いろいろなルートを通じ、16日は法案の概要などが何処まで出来上がっているのかを調査したが、いずれも、政務三役から何も指示を受けておらず、゛何も無い゛の一点張り。・・・・・・そんなはずは無い。法務省原優民事局長が課長時代から記した備忘録を読むに、彼の並々ならぬ思い入れを感ずる。この法案は官僚マターか?官僚主導とイデオロギーが合体しとんでもない事が行われようとしている危機。外国人地方参政権付与問題の反対運動をする時間があるようならば、選択的夫婦別姓を含む民法改正反対運動に集中して欲しいと関係者に大号令、というかお願いをして回った。超党派のネットワークの中で閣議での全会一致を阻止して頂きたいというメッセージも送り続けた。しかし、永田町は選択的夫婦別姓問題については信じられないことに゛凪状態゛なのである。

今日出席予定だった法務省政策会議は、6時間の長丁場、厚生労働委員会と時間が重なり又も秘書に情報を取らせた。そして、遂に出てきた。誰も手をつけていない筈の法案概要が突然出てきたのである。不安は的中した。会議運営上いろいろなイレギュラーがあり、公訴時効問題で時間が尽き、来週月曜日夕方に選択性夫婦別姓問題議論の予定が立てられた。某議員が月曜日にやることの無いようにと釘を刺されたにも拘らず月曜となった。これは出席者が少なくなることを見越しているのだろうか。マニフェストでは法務関係についての最優先課題は、可視化法案だったはず。それを主張する議員も多いのに、可視化法案を優先せずに、この民法改正をやたら焦るのは何故だろう。3月12日の閣議決定に拘りすぎている雰囲気がひしひしと伝わってくる。

もう一つ重要なことがある。今回の法案のベース、タタキ台となる議論、法制審の答申であるが、なんと平成8年のものなのである。平成8年。今は平成22年。今から14年も前の法制審答申を持ち出し法案が提出されようとしているのだ。狂気の沙汰である。

この事態を多くのマスコミに取りあげてもらうこと。更には、先の総選挙で民主党を支援して下さった家族を信仰の中心に据えている宗教団体に実態を知って頂くこと。この法案が通れば、家族と言うものが空中分解する。そして、民主党は参議院選挙で不利に立たされるだろう。法案にならぬように全力を注いでいる。出来ることならばこの焦りが私のとりこし苦労に終わることすら願っている。私とて政党人。提出された法案に反対はしたくない。だから、法案にならぬように船の中で戦うだけである。

皆さんの後方支援、世論の後押しを心からお願いをしたい。


婦別姓法案の危険性
連投ですみません。夫婦別姓法案の危険性周知もあわせてご協力お願いいたします。

日本の家庭は崩壊する(Bトレの華麗なる日々~CHIANTI★RAILWAYS~)
http://ameblo.jp/chianti-exp/entry-10460301607.html

 外国人参政権、人権擁護法案と同じくらい危険な法案が夫婦別姓法案です。簡潔にいえば、日本の家庭が崩壊します。採用した国々の家庭は次々崩壊してます。、「選択的夫婦別姓制度を取り入れる民法改正案」の国会提出が喫緊の課題となってきました。法務省内では、平成8年の論議が土台となり主要幹部は一致しており、しかもご存知のとおり法務大臣までが成立に大賛成です。しかも、非嫡出子への法的相続権を嫡出子と同じ扱いにするという内容だそうです。法務省政務三役のところまでは近いらしいです。 重要なのは、反対運動に残されている期間は2月中だということです。閣議の日程は3月12日と情報は教えてくれています。3月12日の閣議で決定されてしまえば、国会可決は自動的です。そのためにも運動可能とされている期間は2月中しかありません

(略)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎別姓Q&A

Q: 別姓という選択肢があってもいいのでは?他人に迷惑をかけないし・・・

答 え:ひとつの国に、同姓の家族、別姓の家族が混在することが問題です。夫婦別姓は社会を混乱させます。ソビエト共産革命政府は、革命当初、家族破壊を目的として法的登録婚も非登録婚も同等なものとして扱う法律を作りました。その結果、誰が誰と結婚しているのか分からない為、重婚が可能となり、革命政府の目論見どおり家族の絆が著しく弱まりましたが、その結果、少年非行が急増し、少年達は掠奪、破壊、殺戮を行い、教師は殴られ、女性達が襲われるという事件が相次ぎ、婚外子が沢山産まれることになりました。困り果てたソ連政府は、結婚の価値を取り戻す施策を行わざるを得ませんでした。選択的夫婦別姓制度は、法的に届けている別姓家族と、事実婚カップルの家族の違いが、表向きには判別不可能という点で、ソビエト共産革命政府が行った家族破壊を目的とした結婚政策と同じであり、選択的夫婦別姓制度が家族を破壊するということは、歴史が証明しています。(「ロシアにおける家族廃止の試み」よ り)

Q: 世界には夫婦別姓の国があるし、別姓で社会 が混乱するということは無いのでは?

答え:世界の国々には、大きく分けて二種類の姓の名乗り方があります。夫婦同姓の国々と夫婦別姓の国々です。キリスト教圏の国々は、夫婦同姓です。中国韓国等東北アジア、ラテンの国々、アラブの国々、旧ソビエト連邦の国々、スラブ系の国々は、夫婦別姓です。それぞれの文化と歴史の中で、血筋を明らかにして近親相姦を防ぐことが姓の役割の一つであり、これが人間の知恵なのです。つまり、夫婦同姓も夫婦別姓も同じ意味を持つものであり、同姓制度と別姓制度を混在させてはいけないのです。日本は明治時代、民法を決める時に、政府は夫婦別姓を指導しようとしましたが、国民が夫婦は同じ姓でありたいという声が相次ぎ、夫婦同姓制度になったのです。

Q: 家を継がないといけない一人っ子同士の結婚には、別姓制度が必要では?

答え:別姓にしても、家督相続の問題は解決しません。別姓結婚した夫婦の子供達、孫達が、二つの姓を名乗り続けなければなりませんが、別姓結婚した夫婦に一人の子供しか生まれない場合には、既にこれは破綻してしまいます。日本に伝統的にある養子縁組で、家名を継いでゆくという方法を一般化させるほうが賢明です。

Q: 結婚で女性が男性の姓になるのは、男女平等 に反するのでは?

答え:結婚改姓するのは、結婚する男女いずれでも良いと定められており、機会均等、男女平等です。 一方、国連の女子差別撤廃委員会は、姓を選択制にせよと勧告していますが、これによって選択的夫婦別姓制度を導入した国は、イタリア、オーストリア、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、ハンガリー、フランス、スペインなど欧州の国々です。これらの国々は、1960年頃から2003年の間に、婚姻率が4割以上も減り、離婚率が2倍になり、婚外子の割合が5割も増加し、北欧・フランスでは婚外子は5割を超えます。つまり、家族が崩壊している国々なのです。選択的夫婦別姓制度を導入したことが原因の一つです。

Q:  通称使用と言っても、限定され範囲内だけだから、やっぱり不便ですよね?

答え:通称使用は十分に社会的に認知されていま すが、もっと広範囲の分野での通称使用を拡大したいというのなら、旧姓の通称使用を法制化するという手段があります。家族の絆を弱める親子別姓、夫婦別姓制度の導入は絶対に避けなければなりません。

Q: ど んな人達が、選択的夫婦別姓制度を法律化しようとしているの?

答え:ずっとこの問題に取り組んできた一人が、福島瑞穂男女共同参画担当大臣です。彼女は、「選択的夫婦別姓を成立させたら、次は「日本でも外国のように同性どうしの結婚を認める法律」を作りたいと発言しています。また「近親婚禁止をできるだけ狭めて」「個人の結婚をするという自己決定権、幸福追求権を広げていこう」と述べています。つまり、ソビエト革命政権下での家族破壊政策よりも、もっと過激な家族破壊を行おうとしているのが、選択的夫婦別姓推進論者であることを認識して下さい。

NPO法人 家族の絆を守る会 連絡先 wcf_japan@yahoo.co.jp



人権救済機関(人権擁護法案)の危険性

だいあさんこんにちは。また記事の内容と違うコメントでごめんなさい。

「本当に、日本と日本人が大好き(はぁと)♪」のサイトで
「拡めよう!人権救済機関(人権擁護法案)の危険性」という記事が書かれていました。
私もこの通りだと思います。
地方議員・議会、自民党・平沼グループ・みんなの党・国民新党(特に亀井大臣)に
人権擁護法案の危険性周知活動と、法案に反対する活動も必要だと思います。

http://ameblo.jp/konichiwa/entry-10458243546.html

(以下転載)
外国人参政権よりも、もっと怖いのが、人権救済機関設置(人権擁護法案)の方だと考えます。
こっちは、その危険性に気付いている人も少なく、周知もされていません。
反対運動も外国人参政権ほど盛り上がっていないと思います。
敵は、人権救済機関設置(人権擁護法案)の方を先に進めるのではないかと思っています。
この法案が通れば、外国人参政権など、簡単に通ります。
人権擁護法案は、言論弾圧法案なので、反対運動ができなくなります。
言論の自由がなくなります。これが成立したら日本の北朝鮮化が決定的です。

★この法案の根本的な問題点
1.人権委員会の権限が大きすぎる
2.極端な人権保護により、言論の自由が阻害される
3.特定団体や政治家への批判も規制される。
4.人権委員会および人権擁護委員の公共性に疑問が有る
5.掲示板、ブログなどの運営が規制により難しくなり閉鎖される。
6.外国人参政権への布石となる。
7.悪質な宗教団体への批判ができなくなる
8.他国(北朝鮮、韓国、中国)の工作活動に対抗できなくなる。
9.疑いがあれば、「予防的」に立ち入り検査が可能。裁判所の令状も不要で個人宅に入り、パソコンを押収できる。水着の少女の画像が一枚、パソコンにあっただけで女性差別と認定され、有罪とされる。
10.通常の企業活動商業活動においても、極めてあいまいな「差別」を禁止しているため、
  経済活動に著しい侵害を生じる。
11.人権擁護委員会は任意の外部団体へ「調査」を嘱託できる。
   ヤクザ・統一協会・朝鮮総連に嘱託されても合法である。
12.人権委員・人権擁護委員に対する弾劾・リコール規定がなく抑止力がない。
13..場合によっては過去の差別発言を認定される。
  昔パソコンに投稿したコメントが差別的であるとわかれば、有罪とされる。


各地に多数の人権擁護センターを設けて差別の監視を行います。
委員は法務局人権擁護課の天下りの予定でした。
人権擁護委員会には、かって差別を経験した在日外国人や、
身分差別を経験した日本人が優先してなることができます。

下記のブログによれば、民主党案はさらに悪質になっており、
何が差別かは、民主党が決定するようです。

権力者に有利なように差別が認定されます。
鳩山氏や小沢氏へ抗議する者は全員逮捕されるかもしれません。
漫画の世界でも見たことがない、悪夢のような日本破滅法案が「人権擁護法案」なのです。
日本人の人権は徹底的に踏みにじられる事になります。皮肉な名前の法案です。

参考:
■鳩山政権が人権擁護法案の今国会成立を示唆 ~ 韓国・中国人の特高警察官が暴威を奮う日が来る
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10450796133.html

* posted by ジュリー

*読みやすいよう若干改行させていただきました
 毎日政治関係のネットニュースを読んでる私でさえ
 名前が変わったことに気づいたのは数日前
 これは日本人を弾圧する驚くべき法案で非常に重要と感じています


民主党衆議院議員 メールアドレスリスト2009年度最終版

赤松広隆様  http://www.akamatsu-hirotaka.jp/06_goiken/index.html
阿知波 吉信様(長文はエラー) http://www.achiha.jp/cgi-local/postmail/postmail.html
五十嵐文彦様  http://garachan.com/pcmail.html (返信メルアドあり)
石川ともひろ様https://www.tokachi-ishikawa.com/keijiban/s8_a.php3?b_id=...
石関貴史様  http://www.ishizeki.jp/mailform/mailform.html  (メルアドあり)
石田芳弘様  yoshihiro.ishida@gmail.com (メルアドあり)
石津政雄様  http://www.ishidu-masao.jp/contact/index.html   (メルアドあり)
石原洋三郎様  http://ishiharayouzaburou.com/?page_id=30 (返信メルアドあり)
石原久嗣様  http://www.ishimori.jp/form.html
糸川正晃様  http://www.itokawa-masaaki.jp/inquiry/   
打越あかし様  http://www.u-akashi.com/access.php  (返信メルアドあり)
枝野幸男様  http://www.edano.gr.jp/inquiry/inquiry.html
大西孝典様(長文不可)  http://hello-hello.sakura.ne.jp/contact/form.html
大畠章宏様  http://www.oohata.com/
岡本充功様  http://www.mitsunori.net/ (返信メルアドあり)
奥田建様  http://www.okuda-ken.gr.jp/question.php  (返信メルアドあり)
奥村展三様  http://www.okuten.com/mail.html

金子健一様  http://www.chiba11.jp/contact.html
川口浩様  http://www.kawaguchi-hiroshi.com/inquiry.html
木内孝胤(たかかね)様  http://takatane.com/contact/
黄川田徹様  http://www.kikawada.com/mailform.html  ★
菊田真紀子様  http://www.kikuta-makiko.net/page10/page10.html   (メルアドあり)
木村たけつか様  http://www.kimutake.jp/html/08toiawase.html  ★  
京野公子様  k-kyono@yutopia.or.jp  (←メルアドのみ 新規訂正済み) 入力フォームは使用に耐えない出来悪い
吉良州司様  http://www.kirashuji.com/contact/
小泉俊明様  http://www.koizumi.gr.jp/
郡和子様  http://www.koorikazuko.jp/contact/   (メルアドあり)
古賀一成様  http://www.1sey.com/   (メルアドあり) 声 声声という右上のバーが意見フォーム
古賀 敬章様  https://secure209b.sakura.ne.jp/koga-takaaki.jp/ssl/otoia...
小平忠正様  https://secure01.red.shared-server.net/www.kodaira.info/a... (メルアドあり)
後藤斉様  http://www.g510.jp/index-5.html
小林千代美様  http://chiyomi.jp/inquiry/  ★
近藤昭一様  http://www.kon-chan.org/contents/reference.html   (メルアドあり)

斉藤進様  http://saito-susumu.jp/mailform/
佐藤ゆうこ様  http://yuko-sato.com/faq.html
階猛(しなたけし)様  http://www.shina.jp/blog/contact
篠原孝様  http://www.shinohara21.com/blog/   ★
柴橋正直様  http://www.sho-jiki.com/goiken_form.html ★ 訂正済み
菅川 洋様  http://www.sugekawa.com/mail378.html   (メルアドあり)意見フォーム無効にしてあるので無駄
首藤信彦様  http://www.sutoband.org/011/index.html

高井嵩志様  http://www.takaitakashi.com/contact.html   ★
高木義明様  http://www.y-takaki.jp/SendMail    (メルアドあり)
田島一成様  http://www.tajimaissei.com/info/index.html   ★
田嶋要様  http://www.k-tajima.net/info.html  ★
田中美絵子様  http://www.tanakamieko.jp/contents/contact.html  ★
田名部匡代様  http://www.masayo.gr.jp/09iken.html     (メルアドあり)
玉城デニー様  http://d21tamaki.com/wp/goiken_gorennraku/  訂正済み
玉木雄一郎様  http://www.tamakinet.jp/inquiry_form/inquiry_form.php
田村謙治様  http://www.tamuken.net/ja/mail.html ←無効にしてあるのでこっち→office@tamuken.net
樽床伸二様  http://tarutoko.here.ne.jp/form/index.php  ★
中後淳様  http://chugo.jp/contactme/index.html  (返信メルアドあり)
津島恭一様  http://www.t-kyoichi.jp/mail/mail.html   ★
津村啓介様  ayabou69music@yahoo.co.jp ←(メルアドのみ) 

中井 洽様  https://ssl.nakai-hiroshi.net/contact/  ★
永江孝子様  http://www.nagae-takako.jp/form.html  ★
中川治様  http://www.osamu-net.jp/form.html (返信メルアドあり)
長島 一由様  http://nagashimakazuyoshi.com/?page_id=32
中林美恵子様 http://miekon.com/contactus.html ←無効にしてあるので→info@miekon.com







いかに悪法、違憲の法案でも、国会に出す前に、閣議決定しなくてはならないらしい

みなさん、亀井静香氏(金融担当大臣)が外国人参政権反対を表明してらっしゃることを

支持するメール、FAXを送ってください!

出されたら可決されてしまいます!

名前:abc
タイトル:No title
********************
<<緊急拡散>>

皆さん、次のことが分かりました。

亀井氏が キーパースンです!!!

民法改正案の提出で、基本政策閣僚委員会が持たれます。

亀井氏がこれに反対すれば、改正案の提出ができなくなる可能性有り

いかに悪法、違憲の法案でも、国会に出す前に、閣議決定しなくてはならないらしい

これが必須である以上、1人でも閣僚が反対すれば、閣議決定は不可能になる

「外国人地方参政権付与法案」「夫婦別姓法案」が阻止できます!!


両法案に反対している亀井静香氏(金融担当大臣)に初心の通りに意志を貫いて下さい!!
と、山のようなファックス、電話、メールを送りましょう!!

亀井静香の公式WEBご意見フォームです↓
https://secure.pise.co.jp/kamei-shizuka/txmail/index.cgi



今日本で大変なことが起きています☆朝鮮進駐軍☆について知って下さい http://www.youtube.com/watch?v=uyMLaVq4ez0 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-748.htmlそしてできたらどうか拡散して下さい

在日朝鮮人は日本と戦争をした事実は無いにもかかわらず、終戦と同時に「朝鮮進駐軍」を自称し、日本各地において婦女暴行、暴行、略奪、警察署の襲撃、土地・建物の不法占拠、鉄道の不法乗車等、横暴の限りを尽くした。

ぜひ読んで下さい

これは許せません

ウィキペディア(Wikipedia)から朝鮮進駐軍が削除されています


人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へにほんブログ村←ブログ村、人気ブログランキングの画面が表示されるまで待っててね



民主党は通常国会で
「外国人参政権付与法案」を提出しようとしています
私の記事はこちら
日本国民が一丸となって阻止しないと、
いよいよ日本解体が始まります
下記の議員さんに反対のメールをお願いします



■■■■■■■■■外国人参政権法案絶対阻止■■■■■■■■■
外国人参政権を廃案に持ち込むには、衆議院&参議院の法務委員会で
反対多数に持ち込む以外ない!!
衆議院法務委員は全部で【35人】
朝日新聞の調査によると
賛成は【16人】、反対は【11人】、「どちらとも言えない」は【6人】
「回答なし」は【2人】

衆議院法務委員会 委員名簿
ttp://www.shugiin.go.jp/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0030.htm

「どちらとも言えない」「回答なし」の【8人中7人】が反対すれば
法案成立阻止できます!!

■■■■■■■■■■■この8人!!■■■■■■■■■■
阿知波吉信 ttp://www.achiha.jp/cgi-local/postmail/postmail.html
長島一由 ttp://nagashimakazuyoshi.com/?page_id=32
樋高剛(下のほうにメアド記載) ttp://www.the-hidaka.net/
馳浩(左下にメールへのリンクあり) ttp://hasenet.org/
柳本卓治 ttp://www.osaka-jimin.jp/senkyo/profile/yanagimoto.html
山口俊一(最下部にメアド記載) ttp://www.yamashun.jp/
竹田光明 ttp://www5.ocn.ne.jp/~m-takeda/link.html
山口和之 ttp://www.dpj.or.jp/member/?detail_4042=1
■■■■■■■■ コピペ拡散お願いします ■■■■■■■■

みなさまには、周りに知らない人がいないよう、

同様に拡散をお願い申し上げます



平沼赳夫氏「外国人住民基本法に警鐘する」


このままでは民主のやりたい放題、

数にものを言わせて売国法案も速やかに通ってしまうことでしょう

こちらから各機関に抗議のメールが送れます

民主党へのメールはここから送れます→民主党HP「ご意見はこちらへ」

民主党本部「国民の声」係

<郵便>〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1

TEL:03-3595-9988(代表) <FAX> 03-3595-9961


日本を守るために抗議しましょう


ジャーナリスト 水間政憲氏HP水間条項 国益最前線

私も以下の項目に反対です

1、靖国神社代替施設

2、外国人参政権

3、重国籍

4、戸籍制度廃止

5、偽装人権擁護法案

6、国立国会図書館恒久平和局

7、1000万移民推進

8、女性差別撤廃選択議定書

9、夫婦別姓(選択制別姓)

10、日教組教育復活

11、地域主権

12、CO2 25%削減

13、東アジア共同体構想


・東ドイツ、フィンランド東部分、バルト諸国、東ヨーロッパ諸国が旧ソ連にのっとられた方法も、メディア・教育を工作員にのっとられて、馬鹿な国民がだまされて、左翼ファシスト議員をたくさん選出し、人権擁護法案や外国人参政










2010年23日 未分類 こめんと2 とらっくばっく0
  

こめんと

国会って…



その程度なんだねぇ~
まるで…幼稚園と同じなんじゃねぇ?

More…大人議論をやって…国のための話し合いが普通だと思うけDo…
悪魔Demo…票が欲しい!って顔に書いてるからなぁ~(怒
PPPPP~
2010.02.24 05:58
家庭教師
はじめまして。ランキングより来ました。
非常に奥深いブログだな、という第一印象です。

また来ます。有難うございます。
2010.02.24 21:25

こめんとの投稿

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっく

trackbackURL:http://yourdiamond.blog109.fc2.com/tb.php/80-f0cf8492

プロフィール

だいあ

Author:だいあ
ふうちゃん2ヶ月の頃

最新記事

フリーエリア


無料アクセス解析





affiliate B
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。